2014年に日本デビューをした防弾少年団は、世界的に有名な韓国の人気ヒップホップグループです。

その防弾少年団のメンバー テテのソロ曲は何なのか?出演ドラマやウィッグの理由が話題となっています。

この記事では防弾少年団のテテのソロ曲についてや、出演ドラマに関して、ウィッグの理由などを書いていきたいと思います。

Sponsored Links

防弾少年団テテのソロ曲は何?

防弾少年団のテテさんは、防弾少年団の中でサブボーカルをしており、メンバーの中でも美少年だととても人気があるテテさんです。

また、防弾少年団のメンバーの中でも『ビジュアルライン』と言われているメンバーでもあります。

では防弾少年団のテテさんのソロ曲に付いてです。

『Someone like you(カバー)』
『Singularity』
『STIGMA』

などの曲があります。
防弾少年団はメンバー内でのユニット曲も多いですし、カバーもたくさんしています。

その中でもテテさんのソロ曲で有名なのは『STIGMA』ではないでしょうか。

この曲はテテさんの自作曲でもあり、過去の辛い経験を収めたとも言われている曲です。

テテさんは『STIGMA』を発表した際「歌詞と曲の進行に僕の意見がたくさん反映されて、とても気持ちがよかった」と話しており、「歌詞には僕の個人的な話を収めた。過去僕が大変だった時期、その瞬間を歌詞で表現した」と説明しています。

また、このテテさんのソロ曲『STIGMA』は、ガオンチャートの週間チャートで26位を記録しました。

『STIGMA』の曲の背景には、いろいろな事が想像でき歌詞をしっかり理解しながら聞いていると、とても切なく胸が苦しくなる気持ちになります。

是非聞いた事が無い方は1度聞いてみて下さい。
では次に、テテさんの出演ドラマに関してや、ウィッグに関して書いていきます。

防弾少年団,テテ,ソロ曲,ドラマ,ウィッグ,

防弾少年団のテテの出演ドラマやウィッグの理由は?

先ず始めに防弾少年団テテさんの出演ドラマに関してです。

防弾少年団のテテさんは、韓国で2016年12月から放送された『花郎』で俳優デビューを果たしました。

テテさんはデビュー作の『花郎』で、どのような役を演じたのでしょうか。

役柄は心温かく優しい人柄。
爽やかで日差しの様な微笑を持つ末っ子花郎のハンソン役、新羅の皇室と対立するソクヒョンジェの孫役を演じています。

テテさんは『花郎』が俳優としての第一作目になる為、ドラマ出演が決まった際はとても話題となり注目を浴びました。
そして役柄は、テテさんにぴったりの末っ子役という事もあり、ドラマの中のテテさんがとても気になります。

テテさん自身が普段から明るく表情豊かな為、ハンソン役がとても合い、韓国でも放送直後から人気のある役柄でした。

ドラマの中では涙を流す場面もあったのですが、泣く演技を完璧にこなし、俳優デビューをしたばかりとは思えない演技力がとても話題となりました。

次にテテさんのウィッグに関してです。

テテさんがウィッグなのでは?と話題となっています。
とある動画がインターネットに出た事で、更にテテさんのウィッグ説が加速しました。

この動画では、テテさんのヘアセットをするスタイリストが手にウィッグを持っていた事で、テテさんがウィッグなのでは?と噂になりました。

実際の所はどうなのでしょうか。

テテさんはおでこが元々広い事で、ウィッグを使用していると言われています。
一部では、テテさんは髪の毛が薄いのでは?という声もあるようですが、実際髪の毛が薄い事を目視できる物は何もありませんでした。

実際にウィッグは使用しているようです。
ですが、韓国ではウィッグを付ける事はよくある話の為、特に何の支障もないのではないでしょうか。

また、テテさんの髪型は女の子にも人気があるので、「ウィッグなら真似出来る!」と逆に交感を持った方がとても多いそうです。

テテさんファンなら、ウィッグでも地毛でもどちらでも問題ないかと思います。

これからもテテさんのウィッグを生かした素敵な髪型を期待してしまいます。

Sponsored Links

防弾少年団テテのソロ曲は何?出演ドラマやウィッグの理由は?まとめ

防弾少年団のテテさんは、メンバーの中でもとても可愛がられる存在で、愛敬ある性格がとても交感を持てると、女性を中心に大人気です。

そんなテテさんのソロ曲や、俳優デビューをした出演ドラマ・ウィッグに関して書いていきました。

俳優デビュー作になったドラマ『花郎』は、デビュー作とは思えない演技で、出演者の方や、視聴者からもとても好評作品でしたので、まだご覧になっていない方は是非見てはいかがでしょうか。

今後の俳優テテさんにも大注目ですし、ソロ曲も楽しみです。

Sponsored Links